Fortive SENSORS & CONTROLS

フォーティブICGジャパン株式会社

0120-083-081

沿革

1974年 4月 日本ヘンクストラ(Hengstler)を設立。
7月 大阪本社を開設し、東京、大阪本社における販売活動開始。
1984年 9月 江坂工場を新設、本格的生産開始。
12月 企画技術部門を設け、カスタム製品の開発に着手。
1990年 2月 江坂工場新社屋完成。 技術、生産、流通の各部門を統合。
7月 セーフティリレー発売開始。
1993年 12月 シャフトエンコーダ発売開始。
1994年 12月 ダナハーグループに加わる。
1995年 8月 16ドット文字表示器発売開始。
1997年 4月 温度調節器発売開始。
1998年 4月 ペーパーカッター発売開始。
2001年 8月 カスタマーサービスセンターを開設。
2003年 5月 ダナハーICGジャパン(株)へ社名変更。
2005年 1月 ジェムス・センサズ(Gems Sensors)の日本支社としてサポートを開始する。
3月 CC-Link対応ロータリーエンコーダ発売開始。
2010年 1月 東京事務所を品川に移転。
2011年 4月 トムソン(Thomson)の日本支社としてサポートを開始する。
2012年 8月 リニアアクチュエータ発売開始。
2016年 3月 ナムコ(NAMCO)の製品販売を開始する。
2016年 4月 アンダーソン・ネゲレ(Anderson-Negele)の製品販売を開始する。
2016年 7月 フォーティブICGジャパン(株)へ社名変更。

フォーティブICGジャパン(株)は、その他のフォーティブブランドである温調計のWEST(英国)温調計と圧力センサのPMA(独)レゾルバのHarowe(米)エンコーダのDynapar(米)の日本サポート拠点です。

ページトップ